精神保健研究所 精神疾患病態研究部。私たちは「脳とこころの科学」の先駆的研究活動を展開しています。

更新状況

プレスリリース

2018年6月22日プレスリリース

統合失調症の労働状態の推定法の開発 ―病前からの認知機能低下の推定値による確率モデルの有用性― リリース資料全文についてはこちら 概要 大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、福島大学人間発達文化学類の住吉チ …

2018年1月19日プレスリリース

統合失調症における社会機能障害への大脳皮質下領域の関与を発見 ~神経回路のかなめである視床体積の低下が関連~ リリース資料全文についてはこちら 概要 東京大学大学院医学系研究科精神医学分野の越山太輔大学院生、笠井清登教授 …

2016年12月14日プレスリリース

うつ病の重症度、および「死にたい気持ち(自殺念慮)」に関連する血中代謝物を同定―うつ病の客観的診断法開発への応用に期待― リリース資料全文についてはこちら 概要 うつ病は、抑うつ気分(気分の落ち込み)、意欲低下(喜びや意 …

2016年10月27日プレスリリース

治療抵抗型統合失調症の治療薬の作用機序の一端を発見―治療反応性を予測するバイオマーカーの開発に期待― リリース資料全文についてはこちら 概要 大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、同大学院歯学研究科の中澤敬 …

2016年8月26日プレスリリース

統合失調症の認知・社会機能を予測する手法を開発― 患者の社会復帰を支えるツールとして期待 ― リリース資料全文についてはこちら 概要 大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、福島大学人間発達文化学類の住吉チカ …

2016年5月26日プレスリリース

精神科医療の普及と教育に対するガイドラインの効果に関する研究を開始~精神科医への教育を行い、よりよい医療の実践に大きく前進~ リリース資料全文についてはこちら 概要 大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、杏 …

2016年2月2日プレスリリース

細胞内タンパク質輸送の異常が記憶・学習等の脳高次機能に障害を与える分子メカニズムを発見―精神疾患の新しい薬の開発に期待― リリース資料全文についてはこちら 概要 大阪大学大学院薬学研究科の中澤敬信特任准教授、東京大学大学 …

2016年1月26日プレスリリース

クロザピンがもつ副作用のリスク遺伝子を同定-患者への安心・適切な治療の足がかり- リリース資料全文についてはこちら 概要 大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、藤田保健衛生大学の岩田仲生教授、理化学研究所の …

2016年1月15日プレスリリース

統合失調症の大脳皮質下領域の特徴を発見淡蒼球の体積に左右差がある リリース資料全文についてはこちら 概要 大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、東京大学大学院医学系研究科精神医学分野の岡田直大大学院生、笠井 …

2015年7月24日プレスリリース

新しい統合失調症の解析手法を開発~医者の診断を補完する自動診断システムの開発に期待~ リリース資料全文についてはこちら 概要 国立研究開発法人情報通信研究機構の下川哲也主任研究員(大阪大学大学院生命機能研究科招へい准教授 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 2018 Department of Pathology of Mental Diseases All Rights Reserved.