精神保健研究所 精神疾患病態研究部。私たちは「脳とこころの科学」の先駆的研究活動を展開しています。

学生アルバイト

学生アルバイト募集

我々の研究室では、医学部・工学部・薬学部・心理学部など、幅広い学部から学生アルバイトを採用しております。 当研究室でアルバイトしてくださっている学生さんの声を紹介します。


もうすぐ働き始めてから1年になります。主には、先生方の旅費書類の作成など事務系の仕事を行ってきてきました。失敗も多く、新人評価では厳しい言葉もいただいたのですが、失敗の原因はどこにあるのか、どうすれば改善できるのかを共に考えてくださりました。また、ExcelやWord、PowerPointなどを使う機会が多く、業務の中で様々な機能を知りました。おかげさまで、本当に少しずつではありますが心身ともに成長を感じます。そしてなんといっても知の最前線の研究に携われてうれしく思います。厳しくて細かくて大変な職場だと当初は感じたのですが、今ではとても恵まれた環境だと実感しております。


学生Aさん

勤務日程を自分で決められるため、学生であっても無理なく勉強と両立することができます。私は工学系の学生なので、主な業務は研究部内のコンピュータの管理やソフトウェアを用いた統計解析のお手伝いです。実務的なデータのバックアップ管理や実際の臨床データを用いて行う解析は、自分の研究においても大きく役に立ち、今後にも使えるスキルとして身につきました。本研究部で行われている精神疾患の病態を様々な臨床での観測データから解明しようとする研究はとても学際的なものであるため、あらゆるバックグラウンドの学生さんに活躍できる部分があり、自分のスキルとしてフィードバックできることがあると思います。また、研究所という場所で日々研究をされている先生方の姿を見ることができるのも、非常に貴重な経験だと思います。


学生Bさん

私はこちらの研究室で6か月程働かせていただいています。分からない所は丁寧に教えていただき、最初の頃よりもできることが増えたと感じています。 業務内容は主にパソコンを使った仕事が多いです。普段大学生活を送っているだけでは学べないようなことも学ばせていただきながら業務をしています。特にExcelは普段あまり使うことがなかったのですが、業務を通してExcelに触れる機会が多くなりました。Excelの利便性が分かり最近では業務時間外でも使うことが多くなっています。 また、時間に融通が効くため大学との両立もできます。私は、大学の講義が午前中しかない日の午後にこちらの研究室に来てバイトをしています。 バイトとしてもですが、個人としてとても成長させていただける場所でもあるのでとてもおすすめです。


学生Cさん

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問い合わせください。
橋本亮太 ryotahashimoto55△ncnp.go.jp(△を@に変えて下さい)

PAGETOP
Copyright © 2020 Department of Pathology of Mental Diseases All Rights Reserved.