精神保健研究所 精神疾患病態研究部。私たちは「脳とこころの科学」の先駆的研究活動を展開しています。

学生・研究生募集

学生・研究生募集

我々の研究室では、医学・工学・薬学・心理学など、幅広い分野から学生・研究生を受入れております。 当研究室の学生さん、研究生さんの声を紹介します。


私は他県在住のため、基本的にはリモートで研究部の業務に参加させて頂いております。私が参加させて頂いているプロジェクトは主にデータベースを利用したものなので、実際に研究部に行かずとも目立った不自由なく研究を進めることができています。こちらに所属させて頂いて約1年になりますが、各データのクオリティチェックからSPSS・Rを用いた統計解析の手法まで、将来1人で研究を進めていくために必要なスキルを十分に学ばせて頂いていると感じています。また、こちらではガイドライン作成に関わる実臨床に即したテーマから、遺伝子に関するテーマまで幅広い分野の研究を行っているため、各人の興味をとことん追求することが可能です。トランスレーショナルリサーチに携わりたいと考えている学生にとっては非常に理想的な環境だと思います。


研究生Aさん

学生アルバイトとして5か月ほど働かせていただいてから、今は研究生として所属しています。大学院では心理学系のコースに在籍しています。現在、こちらの研究部には修士論文の研究のためにお世話になっており、博士課程でも引き続きこちらで研究をさせていただければと思っています。統計的な解析や、その結果から考察することはもちろん楽しいですが、それだけではなく、研究そのものについて、大学院で教わることとはまた違った学びを得られることに、日々楽しさを感じています。研究部で学んでいることは研究だけでなく、自分の臨床実習の場でも活かされているように実感しています。研究部のメンバーとして研究を進められることは勿論、最前線で研究をなさっている先生方から直接、様々なことをご教授いただけるのは非常に貴重な経験です。恵まれた環境で研究ができることを大変ありがたく思います。


研究生Bさん

私は1年半ほどこちらで研究をさせて頂いております。主な研究内容は、EGUIDEプロジェクト全般です。私は現在薬学部に在籍しておりますが、大学では扱うことのできない膨大な全国データに触れることができる点がとても魅力的です。また、データの管理や解析作業では、OfficeやSPSSなどをフル活用するので、PCを使ったスキルの向上も見込めます。出勤に関しても融通が利くので、実習や試験などで忙しい薬学生でも自分のペースで研究に関わることができます。必要な能力やスキル、知識を丁寧に1から教えて頂ける上、これだけの規模で研究を行える環境はなかなか無いので、臨床研究に触れてみたいという方は、経験ややりがいという点で非常におすすめです。


研究生Cさん

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問い合わせください。
橋本亮太 ryotahashimoto55△ncnp.go.jp(△を@に変えて下さい)

PAGETOP
Copyright © 2020 Department of Pathology of Mental Diseases All Rights Reserved.