精神保健研究所 精神疾患病態研究部。私たちは「脳とこころの科学」の先駆的研究活動を展開しています。

CPC-J

CPC-J

(Clozapine Pharmacogenomics Consortium of Japan)
日本クロザピン薬理ゲノム学コンソーシアム

クロザピンは治療抵抗性統合失調症に対して適応を持つ唯一の抗精神病薬である一方、無顆粒球症・耐糖能異常・心筋炎などの重篤な副作用発現のリスクを持つ薬物でもあります。クロザピンの特異な作用の薬理学的背景はいまだ明らかではないため、Clozapine治療を進めるためには患者も治療者もそれ以外の治療を進めるより多くの労力と覚悟を必要とし、十分な動機付けがないと導入・継続が困難な薬剤であります。CPC-Jでは、クロザピンに対する治療反応性や副作用の遺伝学的な基盤を解明し、今後のクロザピン治療に役立てることを目的として研究を進めております。

PAGETOP
Copyright © 2018 Department of Pathology of Mental Diseases All Rights Reserved.